【程よい鈍感力】これから海外進出をする方に必要な要素。


かつての日本のアスリートの大部分はプレッシャーに負けることが多く、帰国をためらう方がいるほどである。


一番良い例なのが、元水泳選手の長崎宏子さん。


現在は、水泳指導者として活動をしているもようです。


彼女は元々才能を持った選手なのは認めるが、プレッシャーに弱かったらしく、選手生活の末期は散々たるものであった。


時には、見かねるほどの状態で有った。


幸い、本人の経験が良き水泳指導者として生かすだろう。


話はそれるが、良い面での鈍感力を持ったアスリートが登場した。


その名は、プロゴルファー・松山英樹選手。


松山英樹選手は程よい鈍感力を持つものの、集中力を発揮するには良い面なので、大いに利用してい欲しいところです。



料理書籍



ここは記事下のフリースペースです