【程よい鈍感力】これから海外進出をする方に必要な要素。


かつての日本のアスリートの大部分はプレッシャーに負けることが多く、帰国をためらう方がいるほどである。


一番良い例なのが、元水泳選手の長崎宏子さん。


現在は、水泳指導者として活動をしているもようです。


彼女は元々才能を持った選手なのは認めるが、プレッシャーに弱かったらしく、選手生活の末期は散々たるものであった。


時には、見かねるほどの状態で有った。


幸い、本人の経験が良き水泳指導者として生かすだろう。


話はそれるが、良い面での鈍感力を持ったアスリートが登場した。


その名は、プロゴルファー・松山英樹選手。


松山英樹選手は程よい鈍感力を持つものの、集中力を発揮するには良い面なので、大いに利用してい欲しいところです。


閲覧のページはこちら"【程よい鈍感力】これから海外進出をする方に必要な要素。"

【見た目】若い方と老けている方の違い


古くて新しい問題である、老い。


実は、若い方と老けている方の違いは下記の通り。


1.皮膚の状態の変化。


2.加齢による全身の「抗酸化作用」が低下。


3.「活性酸素」による防御能力の低下。


となっています。


対策として、赤色の食品を取ることが大事とか。


特にお勧めする食品は、『アスタキサンチン』を多く含む、サケ・小エビ・イクラ。他に、トマトに代表される『リコピン』や、ブドウやブルーベリーなどに含まれる『アントシアニン』も摂ると良いでしょう。


閲覧のページはこちら"【見た目】若い方と老けている方の違い"

【冷やしつけ麺】初めて食する。


昨日(5月22日)の夕方、今年は初めて冷やしつけ麺を食べた。


毎日食べるのは厳しいが、たまに麺類を食べるくらいのペースがちょうど良いのです。


元々麺類には目がない管理者では有るが、苦手な麺類がある。


それは、秋田の稲庭うどんと愛知県のきしめん。


理由は、稲庭うどんの場合は細くて食べにくいのと、きしめんについても同様として食べにくいことになります。(※管理者の所感です。)


話は逸れましたが、食したときの冷やしつけ麺の味は醤油とゴマ味ノ2種類で、両方の味を堪能することが出来ました。


今年の夏は、どのくらいの頻度で麺類のメニューが出るかな・・・。


閲覧のページはこちら"【冷やしつけ麺】初めて食する。"

【夏向きの料理】冷やし麺がおいしい季節。


早いもので、5月下旬に突入。


ここ1週間前から、急に暑くなったかが有るう。


なかには、盛りそばなどの冷やし麺を食している方はいるだろうか。


冷やし麺の種類といえば・・・。


冷やしうどん,冷やしラーメン,冷やし中華,冷やしそば,ひやむぎ,そうめん,そして冷やしつけ麺・・・。


などなど。


挙げたら、きりが有りませんね。


くれぐれも、冷たいものの食べ過ぎに気をつけよう。


閲覧のページはこちら"【夏向きの料理】冷やし麺がおいしい季節。"

【ポテトスナック】初めて聞く商品名。


5月13日付のJ-CASTニュースで詳しく報じている。


本題に入りますが、発売開始年は1988年。


思えば、昭和時代晩年期の年であったのを思い出す。


日本ではかつてないほど景気が良い時代で、バブル経済の真っ最中だった頃です。


画像で拝見しましたが、4枚入りで価格は30円で発売したようです。


製造メーカーは、6月30日付で販売終了するのを認めています。


子供であった当時の世代の方にとっては、残念だと思う。


残念ながら、管理者自身は初めて聞く商品名であるため、コメントは差し控えます 。


閲覧のページはこちら"【ポテトスナック】初めて聞く商品名。"