【行楽シーズン】自宅に帰ったら、うがい,手洗いを忘れずに。


本日 5月1日は、メーデーです。(日本以外の国では、祝日です。)


GW・前半での休日は終わり、今度は後半に入ります。


日帰り旅行で行く旅行客のうち、なかには自宅で弁当を作る方がいらっしゃるかもしれません。


ハイキングなどでは邪魔にならない場所に休憩するケースが多いです。


昼食を取る前に改めて注意喚起を行いますが、自宅を出発する前に必ず用意してほしいのはウェットティシュです。(おしぼりも可。)


何故ウェットティシュが必要なのかといいますと、休憩する場所によっては必ずしも蛇口やお手洗いが有るとは限らず、手を洗わずにそのまま食物を触ると、場合によっては食中毒を起こす可能性が有るのです。


食中毒を防ぐには、昼食前に必ずウェットティシュ(又はおしぼり)で手を拭いてから食事をしてください。


また、外出先から自宅に帰った後、うがいと手洗いの励行を身に付けましょう。


閲覧のページはこちら"【行楽シーズン】自宅に帰ったら、うがい,手洗いを忘れずに。"

今後のTPP問題の対応が、日本の運命を握っている。


安倍首相がオバマ大統領との会談で、TPP問題の対応では例外ありの聖域があるという。


本人にとっては満額解答といっているが、果たしてオバマ大統領自身が聖域があるといったのであろうか。


正直なところ、疑問が残る。


最も懸念をしている部門は農業であるが、実は農業だけでなく医療や保険まで含まれているのです。


農業の場合、TPPを締結後には間違いなく食料自給率がガタ落ちになるのは避けられません。(ただでさえ、食料自給率は40パーセントぐらいとか。)


医療の場合、正直なところはアメリカの悪い慣習が日本に持ち込まれると、医療現場は混乱して保険診療が出来る範囲が減る危険性があります。そうなると、日本の人口は激減する危険性があります。


保険の場合、日本の保険市場は既に飽和状態であるため、ただでさえ保険代理店からの電話で断りの返事をしているのに、更に激化する危険を増します。


ちなみに、先ほど挙げた聖域とは日本の場合は農産物、アメリカの場合は工業製品(特に自動車。)が該当する。


仮に、日本がTPP交渉に参加しても、容易でないのはバレバレである。

“今後のTPP問題の対応が、日本の運命を握っている。”の続きを読む

少しずつ前進していくしかない。


この前に掲載した記事で、紹介文の重複が収まらないことを話しました。


対象ページは少ないものの、なぜか停滞したまま。


今のところ、少しずつ記事を更新して確認するしかないと見ています。


何時になったら、解消するのやら。


しばらくは記事の更新を滞ったので、その影響があるかも。


今週に入ってから確定申告書の作成準備作業があるので、毎日の記事更新は難しいのです。


せいぜい、週に3記事が限度です。


確定申告書の提出が終われば、随分楽になります。


それまでは、ガマン比べの日々が続きます。


前に進むのみである。


料理書籍


なかなか整理がつかない。


紹介文の重複対策作業を終えていますが、まだ重複解消の表示が出ない。


ためになる料理本の紹介をしたいのですが、古い記事の整理がすんでいなし、順位を決めて作業をする有様である。


そのためか、一気に記事上げができないのです。


ここ数年間、いつの間にか料理書籍部門で1位のサイトにアクセスし検証をしたのですが・・・。


なんと、10,000件以上!。


正直なところ、そんなに料理書籍のネタがあるのかと。


ショックである。


そこまで記事上げをするには、至難の業だ。


確定申告のことがあるので間引き配信をしますが、終わったらゆっくり考えます。


あと、古い記事で紹介している商品の管理をせねば・・・。


日々、焦りまくっている毎日です。


料理書籍


これからブログを始める方にお知らせ


1ヶ月ぶりの投稿です。料理書籍・ブックエスの管理者です。


ブログの記事は誰でもやりやすい反面、アメーバブログ(確認している範囲。)以外のブログではテンプレートをそのまま使うことは出来ない。


最大の理由はタイトルの件は割りと修正して使っているケースが目立つものの、紹介文の部分は気付かずにそのままブログの記事上げをしているケースが多いのです。


かつてはニフティが運営するココログを利用したことがありましたが、運営期間が短いため良く覚えていないのです。


これからブログを始めようとするビギナーブロガーの皆さんに忠告します。


アメーバブログにつきましてはそのままの状態で記事上げを行っても問題はありません。


だが、上記以外のブログにつきましては、立ち上げを行った後にテンプレートの中身を点検し、タイトル及び紹介文のところに特定のコードしか書いていなければ、修正してから記事上げを行うと、事前にトラブルを防ぐことが出来ます。


私自身はグーグルのウェブマスターを利用していますが、正直なところ、何故 紹介文の重複が起きるのかわかりませんでした。


前職は全く違う職業に携わっていたのと、ブログ,ホームページの運営経験が無いため、紹介文の重複を気付くのに数年もかかったのです。


もっと、早く気付いていればよかった!


と後悔しています。(ひょっとしたら、かなり大きな稼ぎになっていたはずです。)


一部のブログに対してですが、タイトル,紹介文の重複対策の方法(テンプレートの修正方法)を既にインターネットで公開しています。


ビギナーブロガーの皆さんは必見です!!


料理書籍