意識して、マグネシウムの多い食品を摂るのは難しい。


当ブログの管理者です。


日本人は、今も昔もカルシウム不足が解消しない課題が残っている。


実は、マグネシウムも隠れた問題を抱えている。


というのも、カルシウムとマグネシウムの相関関係は切っても切ることができないミネラルであるからです。


最初に、何故サプリメントのなかにカルシウムとマグネシウムが同時に入っているのか全くわかりませんでした。


最近ではありますが、ようやく理解することがわかりましたので、概要を説明します。


カルシウムの摂取量が過剰に摂ると、マグネシウムなど他のミネラル類の摂取を阻害するとのこと。(解りやすくいうと、パイの奪い合いの感があります。)


そのためか、カルシウムとマグネシウムの摂取割合が2:1~3:1が望ましいというわけです。

従って、カルシウムの過剰摂取を気を付ける必要があるのです。


どうしても食品からの摂取が難しいのであれば、サプリメントを飲めば良いのですが、その場合、マグネシウムの摂取量の制限がありますので、キチンと摂取量を守ることが大事です。(詳しくは、厚生労働省のホームページからたどればわかります。)


料理書籍


やっと、健康管理が容易になってきた。


「ブックエス〜料理書籍に関する専門ブログ〜」の管理者です。


先日、健康診断を受診した結果を聞きに行った内容の報告です。


受診をしてから約3週間も経ち、その時期に経ったため、開業医のところに行ったのであります。


その結果、血圧の数値は改善されなかったものの、他の項目においてはすべて「A」ランクで、特に大きく数値が下がった項目は、肝機能(GPT,GOT),コレステロール(悪玉),腹囲,そして血糖値です。


管理者にとっては最も数値を下げるには困難なのが、血糖値及びヘモグロビンa1cです。


その理由は、いずれも糖に関する事項で、たとえお菓子やジュースを摂取を控えても、菓子パンを常食または副食として摂取を続けると、血糖値が上がることの裏付けができたのです。


また、会社員時代においても、昼食の基本ベースはご飯であったため、3食ともご飯になるのです。そのためか、昨年までの約10年間は運動の可否に関係の無く血糖値が下がらない理由の一つであるといえます。


3食のうち1食でも良いので、雑穀ご飯にするか、或いはライ麦か全粒粉パンの摂取をお勧めします。(但し、摂取後の数値結果につきましては、個人差があります。)


料理書籍


先ほど、健康診断に行きました。


「ブックエス〜料理書籍に関する専門ブログ〜」の管理者です。


ようやくではありますが、体調が比較的良かったので、健康診断を受診したところです。


昼食において、主食をライ麦パンのベースに切り替えたところ、取り組む前(2ヶ月前)の体重に比べて、約2kgも減っています。


しかも、腹囲は約2cmも減って77.0cmになっています。(男性としては細い方になります。)


ただ、腹囲がこれ以上細くなりますと、男性下着として選べるサイズがギリギリになる(Mサイズ)ので、今後はこのサイズの維持を図るのが課題であるといえます。


もう一つの課題(継続の課題)は血圧の安定でありますが、一時はカリウムの補給をした時期があったので、飲んだ時は良かったのですが、現在は飲んでいないため、血圧の状態が元に戻った可能性があるので、機会があれば医師に相談したいと考えています。


料理書籍


やっと、代替パンが見つかった。


「ブックエス〜料理書籍に関する専門ブログ〜」の管理者です。


前回で述べた、菓子パンの代替パンの件ですが、探すのに約1年間歳月をかけてようやく見つけたのであります。


しかし、ライ麦パンを販売しているメーカーは大手の場合はPASCOのみ。(大手以外だと、栄喜堂や木村屋總本店など多数ございます。)


大手メーカーだと、ライ麦パンを探すには難しいといえます。(山崎パン,フジパンでの確認はありません。)


ただ、大手以外の栄喜堂や木村屋總本店などのメーカーは、地域によっては販売していない所がありますので、最寄りのパンメーカーのホームページを拝見してからお買い求めになると良いでしょう。


時間があれば、各メーカーのページを拝見してから、追加の発表をしたいと思います。


料理書籍


血糖値を上げにくいパンを探すには至難のわざ。


「ブックエス〜料理書籍に関する専門ブログ〜」の管理者です。


ご飯類なら、雑穀ご飯など血糖値を上げにくいものがあるため、比較的探しやすいといえます。


しかし、パンとなると話は違ってきます。何故なら、白米より血糖値を上げにくいパンを探すとしても、ロールパン,ベーグル,ライ麦,全粒分ぐらいしかなく、探すのも難しいものばかり。


普段からある食パンや菓子パンは逆に血糖値を上げやすいとか。


事実、医者から「糖分を控えるように」といわれているが、食パンや,菓子パンの代わりになるパン探しをするのは決して容易ではない。


最も探すのは難しいのは全粒粉パンなので、ライ麦パンを中心に探してみようとしているところです。


料理書籍